P4161580

7年にも及んだ架け替え工事を終えた春吉橋
その工事中に活躍した迂回路橋は取り外されることなく“福岡の顔”となるような水上広場へ整備されるとのことで…
あまりイメージが良くない春吉が、老若男女が集う明るい街になると良いですね



P4161586
P4161543
P4161571
そんな春吉橋の袂に『老上海 陸氏厨房』がオープンしたのは昨年7月のこと
“陸氏厨房”とあることから、東京・銀座の『四季陸氏厨房』と何らかの関わりがあるのかと気になっていたのですが…
何と中国版ミシュランとも言われる〝紅厨帽〟の称号を持つ『四季陸氏厨房』のオーナーシェフが自らが腕を振るっておられるとのことであります

となれば、おいしいお料理がいただけるであろうことは言うまでもなく…
上質な空間に設えられた落ち着いた雰囲気と、丁寧でありながらも親しみを感じることができる接客であることから、いろんなシチュエーションで利用することができそうですね


P4161561
ランチメニューには50品もの定食や麺飯料理が並んでいまして…
銀座のお店でいただいた「葱油拌麵」も用意されていましたが、「上海蟹味噌豆腐」に目が止まったのであります

丸ごとの椎茸と鶏肉、それに細かく刻まれたハムや筍が入ったスープはコンソメのような風味豊かなものでありまして…
そのまろやかな味わいにメインへの期待も高まります


P4161573
大きな土鍋で提供された黄金色に輝く「上海蟹味噌豆腐」
その色合いにも上品さを感じるのですが、生姜風味の中華スープに蟹味噌合わせた味わいや絹ごし豆腐の滑らかな舌ざわりにも上品さを感じることができまして…
淡白な味わいの中に際立つ蟹味噌の風味を堪能することができることから、土鍋一杯をペロリといただいてしまいました

と、満足なお料理ではあるのですが、定食としてご飯とともにいただくには物足りなく…
しかしそこは福岡、高菜の漬物が添えられていましたので、それをお供にご飯も完食であります


P4161583
P4161555
デザートは黒胡麻プリン
もちろん、こちらもお店で作られたものでありましょう
プルンとした食感ときめ細かな舌ざわりでありますし、黒胡麻の甘味と風味がぎっしりと閉じ込められています

急須でサービスされるお茶も菊の花が入った花茶でありまして…
その甘い香りを余韻にお店を後にいたします



【老上海 陸氏厨房】
福岡県福岡市博多区中洲2-3-8 G-CUBE NAKASU6F
092-263-0068

関連ランキング:上海料理 | 中洲川端駅天神南駅祇園駅