P7191027.jpg

会合を前に…
泊まっているホテルの近くにあるロシア料理の老舗でランチをしようかと思ったりもしたのですが、この暑い日にボルシチやピロシキは如何なものかと迷ってしまいます
そんなタイミングで、お仲間が博多に着いたとの連絡がありましたので、一緒にランチをしましょうとホテル内にあるレストランへと向かいます



6c54d43f.jpg

トントントンと階段を下りた地下には日本料理店やお寿司屋さんがあるのですが、何となくお刺身をいただく気分でも無く…
ふたりで取り分けながらいただける中華料理をチョイスすることにいたします
ここのところ、中華と言えば四川系のモノをいただくことが多かったのでありますが、こちらのシェフは上海料理出身と言うことで優しい味わいを楽しめそうです


4b4d8279.jpg

ホテル内と言うこともあって上質な設えである店内は落ち着いた雰囲気で良い感じでありますし、油っこさを感じる大衆中華とは異るヘルシー中華がいただけるってことでか、若い女性のお客さまもいらっしゃいますね


bda46ab4.jpg

先ずは前菜をということで3種の冷菜を選ぶことが出来る盛り合わせをお願いし、中華前菜の定番でもある「クラゲの冷菜」に「蒸し鶏」そして酸辣白菜と呼ばれる「白菜の辛子甘酢漬け」を選びます
甘酢の中にピリッとした唐辛子の辛味が光る酸辣白菜は食欲がなくなる暑い日にピッタリなお料理でありますね


598d752b.jpg

続いては「海老の完熟トマトソース煮」
見た目は海老チリのようでありますが、完熟トマトの甘い香りにニンニクの香りが加わりまして…
プリッとした上質な海老と絡んで美味しくいただくことが出来ますね


d547335c.jpg

そして「チンゲン菜のクリーム煮」
先ほどの海老に塩味が強かったことを伝えていたせいか、これは逆に物足りなくて…
もう少しベーコンの旨みがクリームに溶け込んでいたら一層おいしくいただけたでしょうね
トロンととろけるように煮込まれた白菜のクリーム煮と同様な食感を期待していたのですが、これはチンゲン菜と言うことでか、シャキッとした食感のお料理でしたね


87099961.jpg

細切りの豚肉がサクッとした食感に仕上げられた「豚肉とニンニクの芽のピリ辛炒め」
多くの中華料理店でも提供されているような一般的なお料理ではありますが、豚肉がこのような食感に仕上がるのは技術なんでしょうね
濃すぎること無く調味された醤油の香りもサッパリとしていて良い感じであります


8ff75b16.jpg

そして「上海風土鍋煮」
筍や白菜と言った野菜とお豆腐が、春雨と一緒に椎茸から出る旨みで煮込まれていまして…
上海風と言うことで醤油で調味されているものを想像していたのですが、これはこれで優しい味わいが良いですね


db0acdbf.jpg

程よくお腹の満足感もあったのですが、ちょっと〆も欲しいねってことで「焼きビーフン」
先の土鍋煮でも感じたことなのですが、素材から出る旨みを活かす調味からは優しさを感じることが出来まして… 
この焼きビーフンにおいても、たっぷりと乗せられた干しエビや玉ねぎの旨みが味の決め手になっていますね



味に小言を言ったってこともあるのでしょうが、会計の際には支配人や料理長までもが見送ってくださいまして…
おいしいお料理だけでなく、素晴らしいホスピタリティーを感じることが出来たお昼でありました



【中国料理 桃林】
福岡県福岡市中央区大名2-6-60 西鉄グランドホテルB1F
092-781-0431

[ここに地図が表示されます]