P2031873.JPG

第2次280円均一ブーム?
一時期『金の蔵』をはしりに「280円均一」をウリにした大箱居酒屋が増殖したのだけど、その多くが姿を消して…
最近では『鳥貴族』を模した「280円均一」の焼鳥居酒屋が増殖しているようでありますね



cc0ac6df.jpg

それで、気になりながらもなかなかその機会に恵まれなかった『鳥貴族』へお邪魔してみることにいたします
訪ねたのは神田南口店
19:00を少し回ったくらいだったのですが、予約のお客さまもおられ満席の状態であるとのこと
店長の機転で神田北口店の状況を訪ねて下さろうとしたのだけど、残念ながら通話中が続いていまして…
で、直接北口店へと行ってみたのですがやはりこちらも満席でありますし、スタッフの対応にも不満がありましたので再び南口店へ


06f9d70c.jpg

10分ほど待ったタイミングで予約にキャンセルが出たとのことで席へと案内されます
スピードメニューと言うカテゴリーの中から「味付け煮玉子」と「ポテトサラダ」をチョイス
ゴロゴロしたジャガイモを残したポテトサラダはお店で手作りされたモノでありましょう 想像以上のおいしさにビックリであります
そして「揚げウインナー串」と「北海道産ポテトフライ」
この揚げたてのポテトフライがとってもホッコリとしていますし、添えられる溶かしバターで更に美味しくいただくことが出来るのです


7e307b59.jpg

そして串ものをいろいろと…
お店の看板でもある焼鳥は丁寧に焼かれたモノでありまして、表面はカリッと芳ばしく、中はふっくらとジューシーなのであります
炭火で焼かれたモノではなさそうですが、ジャンボ串ならではおいしさなのでしょうね


8e308e9a.jpg

「チキン南蛮」は本場で提供されるモノとは似て非なるものでありますが、これを「鶏肉のフリッタータルタル添え」だと考えるととってもおいしくいただけるモノですね
そして「とり釜飯」
出汁の旨みを損なわないほどの薄味で上品な調味でありまして、名物の名に恥じることない立派なものであります
この釜飯であれば、1000円近く出しても惜しくは無い… そんな気がいたします


7776a1f9.jpg

大阪で人気のお店も、東京へ進出した当時は「280円均一」であることからか、ほかのチェーン店と同じように冷凍の焼鳥であるに違いないと誤解され思うような成績が出せない時期もあったのだとか…
それで、メニューブックにもこだわりが書かれていますし、店内の壁面やスタッフのユニフォームにも、地産国消であるとか、新鮮な鶏肉を店舗で串打ちしているなどの文言がありますね
そう言った努力でかお店のブランドイメージが高まり、今では居酒屋の雄とも言える存在に…


多くのチェーン店が駅前で呼び込みしなければならないほどに集客に苦労している中、こちらのお店だけはお客さまの方からやって来る
お客さまって、どんなお店に行けば最も楽しむことが出来るのかをちゃんと知っているんですね



【鳥貴族】
東京都千代田区鍛冶町1-3-1 マレ神田ビル2F
03-6206-8837

[ここに地図が表示されます]