DSC_4173-a.JPG


毎日毎日、外食をしていると「たまには胃を休めたい日もある」ってことで、夜はうどんとする
仕事帰りのルートだと、有楽町のさか田ってことになるのでありますが、いつも同じじゃつまらないと、飯田橋の雅楽へ
ココは、初体験のお店ですが、「かなり美味しいよ」との情報もあり、ちょっと寄り道であります


4cc03886.jpg
b4113f4a.jpg

昼は気軽なうどん屋さんでありますが、夜には居酒屋色が強くなるようであります
そば居酒屋ならぬ、うどん居酒屋であります

先客のほとんどは、近隣のビジネスマンであろう方々
どこのテーブルにもアルコールが並び、仕事帰りのひと時を仲間と過ごしているといった景色でありました


50b612f6.jpg
be0ad45b.jpg

じゃこと岩海苔のサラダと静岡黒はんぺんをつまみにいただき、うどんが来るのを待つことに・・・

カリカッリのじゃこは噛むほどに旨みが出る上等なモノで、和風のドレッシングとの相性もなかなか
レタスがシャキッとしてなかったことが、ちょっと残念ではありましたが・・・

鯖や鯵、鰯といった赤身の魚を骨ごとすり身にした静岡の名物である黒はんぺん
実は似たようなものは、九州や四国にもあり、ちょっと懐かしい味であります


9da83901.jpg

黒豚の肉うどん

胃を休めることが目的だったので、さっぱりと“青ねぎときざみうどん”でいこうと注文しかけたのだけど・・・
何故か急に「やっぱり肉うどんにして下さい」とオーダー変更してしまったワタシ
やっぱりメタボ路線から外れることが出来ないようです(汗)

まるで、角煮のようにトロトロに煮込まれた豚肉はかなりの出来栄えであります
その煮汁も一緒に汁に加えてあるので、うどんと言いながらも、しっかりとした夜ごはんに成りえるモノであります
麺はアシがあるワタシ好みのモノで、これまたなかなかのものであります


1847bb11.jpg

そして、じゃこ山椒ごはん
アッツアツのごはんで、じゃこが少ししっとりして旨みが出る
山椒の香りも生きていて、ちょっとしたアクセントになる
単純なものだけに、ごはんの美味しさが決め手になるのだけど、コレが絶品とも言えるような美味しさでありました

それにしてもココ
静岡の黒はんぺんや、桜えび
そして、四国のじゃこ飯
これらが一緒にいただけるなんて、ちょっと面白いですね



カウンターに座ったので調理場の方々の仕事ぶりを眺めることが出来たのですが、一つ一つの作業を丁寧にこなす姿に見とれちゃいました
接客も感じ良いモノで、居心地も良いステキなお店でありますね




【うどんの中のうどん 雅楽】
東京都千代田区飯田橋3-7-3 岡田ビル1F
03-3239-8848