関内にある「おかず割烹 慎」
開店から1年が経ったのだけど、初めて行ってみた
ずいぶん前に、お店の前を通りがかり、“おかず割烹”なるものに興味を惹かれていたのだけど・・・
チャンスを失い、忘れかけていたお店

d1648bd4.jpg

間口が狭い小さなビルにあるこのお店
1Fが入口と厨房、2Fに客席である
半間ほどの入口を入ると、2Fに案内される
客席は40席ほどだけど、私が案内されて席を除いてずべて埋まっている繁盛ぶりであった

c58a1771.jpg

看板にもあるように、土鍋で炊き上げるご飯が自慢のようで、「こんばんは、おこめじまんのおみせです」のフレーズが愉快である
炊きあがるまでの時間が、30分~40分
美味しいご飯を待ちながら、ツマミをいただきながら、酒を飲むのがココのスタイルなのだろう

f2cd9d59.jpg

“煮込みハンバーグ しそ風味の豆腐マッシュ添え ”
お酒を飲まない私は、コレをつまみながら、待ち時間を潰すことに・・・
盤の大きさは70mmほどであるが、厚さ30mmほどのハンバーグ
牛肉100%らしく、肉々しい味わいで、肉好きには堪らない一品である

c4e000c4.jpg

“自家製めんたいこ”
ごはんのお供に選んだのがコレ
「普通の明太子を想像しないでください」のコメント通り、コレまでに味わったことが無い明太子に驚き
辛さは控えめで、ニンニクの香りたっぷりの明太子であります

57fbd72e.jpg

“特製味噌に漬け込んだ銀ダラの西京焼き”
そして、ごはんのおかずはコレ
脂が乗った淡白な白身魚“鱈”
コレをおいしくいただく料理は、鍋か西京焼きであろう
淡白な味わいに西京味噌の風味が加わり、脂が味噌の辛さを和らげ、美味しさが増すのである
ココの西京焼き、箸を乗せるだけで身が割れるほどに柔らかく、西京味噌の香りを楽しめるものである

a7eb09fb.jpg
01b3b5b1.jpg

そしてメインディッシュである“土鍋炊きごはん”
お店の照明が暗いので、画像はイマイチだけど、ごはんのツヤツヤが判るだろうか?
見事に、ひと粒ひと粒が光り輝く銀シャリなのである
このごはん、何のアテが無くても、美味しくいただけるほどの美味しさごはんの甘みが違います

美味しいご飯に、美味しいおかずがいただけるステキなお店
一人では、色んなものが楽しみづらいので、二人以上で行くことをお勧めします



【おかず割烹 慎】
神奈川県横浜市中区相生町4-65 ポラリス1・2F
045-315-3223