ランチョンでのランチの後、アンドナンドへ
ランチョンには珈琲がないため、ここで食後のお茶と言うことである

ココはドーナツチェーンの第一人者「ミスタードーナツ」が展開する新コンセプト店
渋谷道玄坂に続く2号店である

andonand(アンドナンド)の真ん中に隠れている「dona」はラテン語でドーナツの意味。
そして(and)、何度(nand)でも足を運びたくなる場所、という意味が込められていると言う店名
ちょっと面白いですね

さて、このお店
ファストフード店、テイクアウトショップからの卒業を意味するのであろうか?
ドーナツのショーケースが店内の一番奥にあり、気軽にドーナツをテイクアウトできたコレまでのミスタードーナツとは全く異なるレイアウトなのである
客席も、コレまでの硬い木の机、椅子ではなく、ゆっくりと落ち着いて過ごせるように変わっている
まるでカフェのようである

14745c18.jpg
edf66615.jpg

プレミアムドーナツ抹茶
ふんわりした食感はこれまでのドーナツのイメージを刷新するもので、かなりの出来栄え
だけど、300円と、ちょっと強気な設定である
ドーナツだけの値段ではなく、店内で過ごす席料みたいなものも含まれているのだろうか?


それにしても、ドーナツをランチにする若者が多いこと
飽食の時代、今の若者にとって、満腹なんてことは必要ないのだろうか?
ドーナツと珈琲で600円、コレでココで過ごす時間を買うと考えれれば
悪くないかも・・・

この新業態、今後の展開は如何に・・・
楽しみです



【and on and(アンドナンド)】
東京都千代田区神田神保町1-6-1
03-5282-8930