元町の散策を終え、中華街へ
中華街は広東、上海料理のお店が多く、四川料理のお店は少ないのですが、
そんな四川の名店“重慶飯店”でディナーをいただきました
IMG_0133.JPG

広東料理も、上海料理も大好きなのですが、散歩で汗をかいた体が、四川の刺激を求めているようです

IMG_0115.JPG宮保魚片
白身魚の唐辛子炒めです
お魚に粉を付け、サッと油通しして、辛し味噌で炒める
手前に写ってるキクラゲのような黒い物体・・・  実は唐辛子なのです
キクラゲと思い込み、パクッとやった私のお口からは火を吹きました

IMG_0123.JPG魚香牛肉
さほど美味しい牛肉ではないのですが、ニンニクと唐辛子が効いたソースで炒められ、とっても美味しくいただけます
素材も大切ですが、美味しく調理するこの大切さを教えてくれる一品でした

IMG_0127.JPG金・ぢ 。。
ふかひれのスープです
お高いふかひれですから、たっぷりと言うわけにはいきませんが、食感は十分に堪能でき満足です

IMG_0124.JPG干焼蝦球
定番の海老チリです 大正海老を使っていて、プリプリ感がたまりません
チリソースの辛味も適度な刺激で満足いく一品でした

IMG_0130.JPG麻婆豆腐
このお店の看板料理ですね
看板に恥じない、トーチと四川山椒が良く効いた、本当に美味しい本道の麻婆豆腐に満悦です

観光客相手のいい加減なお店が多い中華街ですが、このお店の小姐は立派でした
食い意地が張った私が注文し過ぎそうになったら、足りなかったら後で注文したほうが良いとアドバイスしてくれ、食べ終わる頃になると、お腹の具合はどうか確認に来てくれる
なんとお客様の立場に立った接客なのだろう・・・
さすが名店と納得しながらお店を後にしました
お腹も、気持ちも大変満足なディナーでした

【重慶飯店】
横浜市中区山下町164  045-641-8288