PB109511

ちょっとしたご縁があって熊谷へ
かつては毎月のように通っていた町でありますが、ここ数年の間はすっかりご無沙汰をしていまして…
久しぶりに下車した北口の街並みはそれほど変わることもなく、なんとなく懐かしさを感じてしまいます



PB109476
PB109478
夜ごはんをいただこうとお邪魔したのは『泡組』なる居酒屋でありまして、おいしいお刺身がいただけると聞いていたのであります
3Fまで真っ直ぐに伸びた長い階段を上り店内へと入りますと〝ALWAYS 三丁目の夕日〟的な雰囲気を感じますし、流れるBGMも昭和50〜60年代のものであったりと、ワタシ世代にはどストライクなものであることから自然にBGMに合わせて鼻歌が出ていました


PB109481
お通しとして出されたものはなんと〝まぐろの山かけ〟でありまして…
そのしっとりとしたまぐろの舌ざわりはとてもおいしく、これからいただくお料理への期待を高めてくれるものでありました
どこもがこう言ったお通しを出していれば、その可否論なんてこともないでしょうね


PB109488
PB109494
そして〝霜月のオススメ〟
その中でもお勧めなのが…と勧められたのが「ぶりのお刺身」でありまして…
旬を迎えたぶりの厚めに切られた身はコリコリとした歯ごたえで新鮮さの証でありましょうし、脂が乗っていることでの甘みもあって事前情報が間違いではなかったことを確信いたします
そしてもう一品、勧められたのが「あごだしおでん」でありまして…
〝あごだし〟と聞いた瞬間に、それをいただくことを決めていました


PB109496
PB109498
メニューにある〝前菜・小皿料理〟はALL380円、ALL480円、ALL680円ととってもわかりやすく分けれていまして…
680円でいただくことができる「泡とろかく肉じゃが」と「ぶり大根」をいただきます
肉じゃがの人参やぶり大根の大根の大きさにも驚かされましたが、肉じゃがにかけられた〝とろろ〟の滑らかな舌ざわりもすばらしく…
聞いてみますと、お店で丁寧に山芋をすりおろしているとのことであります
埼玉県は山芋の生産量が国内8位であるそうでして、その中心はここ熊谷市とお隣の本庄市であるとのことから多くのメニューに取り入れられているのでしょうね


PB109503
そして「ふわふわ玉子焼き」
これを注文した際に「甘いものと塩っぱいものがありますが…」と聞かれた時には思わず笑ってしまいましたが…
その塩っぱいものを注文してみますと、砂糖を使った甘い玉子焼きではなく、出汁を含ませただし巻き玉子でありまして、その名の通りふわふわな食感を楽しむことができました


PB109490
PB109512
〆にいただくのは「鮭といくらの親子釜飯」
炊き上がりから蒸らしまでを合わせると30分ほどかかるからと最初に注文していたものでありまして…
途中、お米が炊き上がる際の甘い香りに仕上がりを首を長くしていたのであります
鮭の出汁が染みたご飯もおいしく、いくらのプチプチ感も楽しめますし、お茶碗3杯ほどのボリュームもうれしい一品でありました



女性ばかりの接客チームはとっても感じが良くて、楽しい時間を過ごすことができました



【AWA GUMI ‐泡組‐】
埼玉県熊谷市筑波3-92-1 天望ビル3F
0485-79-5629

関連ランキング:居酒屋 | 熊谷駅上熊谷駅